大城 充幹|Oshiro Atsuki

ー今の仕事は?どんな仕事をしているのか?
主に、現場指導が中心になっているのですが、保育園や幼稚園の体育指導だったり、クラブのサッカースクールのコーチとして活動、他にも地域から委託された事業等で、色々な場所でスポーツ指導を行うっていうのが主な活動です。他にも、最近では全体の指導者の管理だったり、外部団体のとの調整役、大会やイベントの企画リーダーを任されたりもしています。

 

ーこの仕事の前は、どんな仕事をしていたのか?
経理関係の学校に通っていた経緯があるのですが、卒業後は特にやりたい事が見つからず、スーパーやコンビニでバイトをしていました。当時の仕事自体にも、もちろんやりがいがあったのですが、やはりなんと言うか…。こう「もっと自分にもチャンスがあるんじゃないか?」と思いながらの毎日でしたね。

 

ーなぜこの仕事を選んだのか?
実は、ずっとサッカーをやってまして、とにかくサッカーに関わっていきたいと思っていました。学生時代も仲間に恵まれ、県大会で優勝したりと、サッカーが僕にいろいろと夢をくれたのです。
でも、高校を卒業して、サッカーから少しずつ離れていくのですが、そんな中で「本当にこれで良いのか?」そういう事はずっと考えてましたね。

そんな中で、サンビスカスが設立当初と言う事もあって「ここで自分を試したい」と、その時は直感的に動いた次第です。

 

ー今の環境の何が魅力?
いろんな業種、そして色んな地域の人達と関われるのは一番の魅力です。多くの事を学べるし、その中で毎日を過ごして行くと自分が成長していってるのも分かる。しかも、好きな事をしてますし。有り難いですよね。

 

ーサンビスカスの良い所
自分自身の成長が実感出来る所。周りのスタッフの意識が高い事。あと、とにかく熱い…。笑

 

ーサンビスカスの悪い所(向いていない人)
僕が言うのもおかしいのですが、元気が無い人は難しいですね。(笑)
スポーツの業種という事もあるでしょうが、それ以上にサンビスカス自体が「スポーツ」とらわれず、常に新しい事にチャレンジをしている社風でもあります。何かの挑戦すると失敗なんて日常でよくあるし、それをウジウジするのではなく、次の成果の為に改善して前を向いてやってやろうと思わないと、正直ここでは悪い意味で浮きます。誰かが仕事をくれるのを待ちたいという考えなら、僕の場合は他を薦めています。

 

ーサンビスカスに入社したい人へメッセージ
好きな事しかやって来なかった僕が、サンビスカスに関わる様になって本当に大きく成長する事ができました。もちろん、まだまだこれからだし、自分自身も更に成長していきたいと思うのですが、そういった環境に身を起きながら日々を過ごすと本当に充実します。やった分だけ成果が出るし、その分たくさんの人達に感謝されたりだってします。

そんな人達を一緒になって幸せにしたいと思っている方が、ぜひサンビスカスに来てくれたら嬉しいですね。