あなたも「サンビスカス先生」になりませんか?

あなたの得意なことで、街を元気にしませんか?

 

 

サンビスカス沖縄の理念でもある「スポーツで街を元気に!」という言葉。

スポーツを通して、挑戦することをサポートしたり、

スポーツを通して、健康のサポートをしたり、

スポーツを通して、苦手を克服したり・・・。

 

私たちの得意なスポーツで、街の悩みを解決し、

目標に向かって挑戦できる場をたくさんつくってきました。

 

 

しかし、そうしていく中で、ある事に気がついたのです。

スポーツという枠組みだけでは、そもそも「スポーツ」が嫌い、

苦手な人は挑戦できずにいるのではないか、と。

 

 

実は、私たちの掲げる「スポーツ」という言葉の意味。

それは単に「競技」ではありません。

 

そもそも、スポーツという言葉の語源は「楽しむ」ことです。

なので、私たちの掲げる理念は、

「楽しむ場を提供する事で、たくさんの人を元気にする」

ことなのです。

 

しかし、スポーツという言葉をそのまま受け止められると、

スポーツに興味がない人たちを元気にすることが、難しくなるのではないか。

 

スポーツという看板を掲げているからこそ、

サンビスカスのドアをノックできない人が、

まだまだたくさんいるのではないだろうか。

 

 

そう考えたので、スポーツという枠にとらわれず、

もっと幅広い意味で、

「楽しさを与えられる環境をもっと作るべきではないか」

と考えたのです。

 

 

だとしたら、スポーツができる、できないに関係なく。

 

「楽しさを伝えられる人」に先生になってもらい、

より多くの分野での挑戦や、目標をサポートする環境をつくれるはず!

 

そう実感したのです。

 

 

事実、サンビスカス先生には、、、

 

  • サッカー教室の先生
  • 子供の運動遊びの先生
  • プログラミング教室の先生
  • ギターの先生
  • 卓球の先生
  • 海遊びの先生
  • 自然体験の先生
  • キャンプの先生
  • 歴史の先生
  • ダイエット教室の先生
  • 食育の先生
  • 栄養の先生
  • おやつ作りの先生

 

など、多くの先生が実際にサンビスカス先生として活動しています。

 

あなたの持つ得意なことや、資格、スキルを、

「挑戦したい人、困っている人、助けて欲しい人」たちのために

使うことができたら。。。

 

そこには感謝という思いが生まれ、感謝という思いから、

自立心が芽生え、向上心が出てきて、そして元気が溢れる。

 

元気があふれたら、またそれを他の誰かに伝えたくなる。

伝えることでまた感謝が生まれ・・の好循環が生まれます。

 

 

それこそ、やりがいのある「仕事」になるとおもいませんか?

 

 

私たちは、そんなサンビスカス先生を、

沖縄でいっぱいにしたいと思っています。

 

 

人は、目標のためなら、頑張れます。

頑張っている人はキラキラしています。

 

 

そういった「場」を提供するためには、

サンビスカス先生が必要なのです。

 

 

もしもあなたが、、、

 

・自分の得意なことで誰かの役に立ちたい

・自分の好きなことで、誰かを元気にしたい

・自分の持つ資格を活用して、社会に貢献したい

 

そういった思いが少しでもあるのなら・・・

 

どんな分野でも構いません。

 

必要なのはあなた自身が「楽しむ」こと

あなた自身が「挑戦する」こと

あなた自身が「元気になる」こと

 

 

ぜひ、あなたもサンビスカス先生となって、

私たちと一緒に「街を元気に」する活動をしていきませんか?