上手に前回り(でんぐり返し)をする方法!

サンビスカス沖縄/幼児体育/運動指導/アミーゴ

知念諒

 

マット運動の前回りを指導する際やお子さんが出来ない時に「どうやって教えたら良いのか分からない」「どこが悪いのか分からない」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

前回りを行う際に注意して頂きたいポイントは4つあります。

この4つのポイントに注意して行うことで安全に前回りを行うことができます!

 

4つのポイントとは?

①マットの上に立ってしゃがむ!

マットの下から始めるとマットに足の指をひっかけてしまい怪我をする場合もありますので注意が必要です。また、この少しの段差があるだけでも、頭の後頭部をつけることが難しくなるので、まずはマットの上に立ってスタートすることを心がけましょう。

 

②足の近くに手をつく

手が自分の足が遠いと回ることが難しくなります。位置としては、手を伸ばして顔の高さまであげた位置がよいです。

 

③おしりを高くあげ、後頭部をマットにつける

前回りを行う時にしゃがんだ姿勢から行うと頭のてっぺんをついてしまい、上手に回れないどころか危険な時があります。しゃがんだ状態からおしりを高く上げることで、頭が下にさがり後頭部をマットにつけやすくなります。

 

④おへそを見ながら回る

回る際に、丸まらずに伸びきってしまう子には特に意識させると良いです!それでもできない場合は、前段階として「ゆりかご」を行い、丸まる動作を覚えさせると良いです。

 

しかし、それでもおしりを上ることができずに回れない子や後頭部をマットにつけて回ることができない子がいたりします。

 

その場合は次の方法を試してみてください!

 

上手に回るもう一つの方法!

その方法とは、

 

①マットの上に立つ(しゃがまない)

②おじぎをしながら手をつく

③後頭部をマットにつける

④おへそを見ながら回る

 

という形になります。

 

少し伸膝前転に近いような形になりますが、まずは回ることの楽しさを子供達に知ってもらうことでマット運動が好きになり、この姿勢で回れるようになったら徐々にしゃがんだ状態から回れるようにして行くと良いと思います。

 

ぜひ、お試ししてみてください!