自宅でもできる運動を!

サンビスカス沖縄/サッカースクール/幼児体育指導/運動遊び/スポーツフードアドバイザー

知念 諒

 

5度目?の緊急事態宣言の影響により、またまた自粛を余儀なくされてしまいました。

 

そんな中、ようやく本日(6/21)から幼稚園や保育園も通常通り子どもたちが登園するということで、約2週間ぶりに巡回指導(アミーゴ)に行ってきました。

 

久しぶりに子どもたちに会えるということで僕はウキウキ気分!

しかし、子どもたちの中には泣いていたり、テンションの低い子も数名いました。

 

先生にお話を聞くと、どうやら自粛の影響で期間が空いてしまったこともあり、

 

「マーマーが良いよー。泣」

「おうちに帰りたいよー。泣」

 

と、登園から泣いてきていたり、まだまだ休みの切り替えができていない子も多いとのこと。

 

そんな子どもたちもいる中でしたが、運動遊びをスタートしました。

 

すると、走っている最中に転んでしまっておでこをぶつける子やクマさん歩きで進んでいたら、手で支えきれずにアゴを打ってしまった子が。

 

すると担任の先生から、

「実は、今泣いている子も、さっきケガをした子も自粛していた子どもたちなんです。」

とのお話が。。

 

去年の自粛明けにもあったことなので、そういった影響が出ることは分かっていましたが、やはり実際にその状況を見るとショックでした。

 

このように、やはり自粛によって子供たちに影響が出ており、スクール生や他の保育園生たちにも影響が出ていないか心配です。

 

ということで今回は、りょうコーチがオススメする運動を3つピックアップしたので、ぜひ自宅で楽しみながら取り入れてほしいと思います!

 

室内遊びならこれ!風船遊び

室内で運動するとなると、ボールを使ったりするのは難しいので出来ることが限られてしまったりしますよね。

 

そんな時は、

「ふ〜せん〜あそび〜」(ドラえもん風。笑)

 

簡単でそして楽しく遊びながら、

 

  1. 空間の把握能力
  2. 判断力
  3. 力のコントロール
  4. 反射神経

 

などを鍛えることができます。

 

1人でだけでなく、親子でも、兄弟でも一緒に行うこともでき、サッカーのリフティングの感覚もつかめるようになるのでオススメです!

 

最初の一歩を極める!インサイドキックチャレンジ

どうせなら、サッカーボールを使ってサッカーっぽい運動がしたい!

 

そんな場合には、

 

「最初の一歩が左右する!インサイドキックチャレンジ」

 

がオススメです!

 

インサイドキックチャレンジとは、

 

数m先にある2本のペットボトルの間を、ボールをキックして通し、通ったあと素早く自分で止めるチャレンジです!

 

パスのコントロールの練習をしながら、パスから素早くスムーズに走り出す練習にもなるので、これを極めれば活躍間違いなし!

 

では、実際の動画をどうぞ!

いろんな運動で重要なリズムを鍛えよう!

最後は、サッカーだけでなくいろんな運動やスポーツにも重要な「リズム能力」を鍛える運動です!

 

りょうコーチ、実はリズム感がないことがコンプレックスだったこともあります。

でも、特訓してできるようになってからは、これまで以上に運動能力がアップしたと思います!

 

そして何より、苦手なことができるようになって自信も持てた。

 

ということで、リズム運動が苦手なお友達もぜひやってみてほしいと思います!

 

動画はこちら

 

試してみたかな?

はい!実際にやってみてくれたかな?

 

もちろん、りょうコーチがオススメした動画だけでなく他の動画でも良いし、オンラインレッスンを受けたお友達は、あつきコーチから習った技の練習やトレーニングでも良いので、楽しく運動をしてほしいと思います!

 

そして、スクールが再開された時に、それぞれのコーチに

 

「○○の練習したよー!」

「○○できるようになったよー!」

「○○の動画を見てやってみたよ!」

と教えてくれたら嬉しいです♪

 

早くみんなと元気にサッカーができることを楽しみにしています!