世界一エコな学校と言われている「グリーンスクール」を知っていますか?

持続可能な次世代のリーダーを育成するグリーンスクールは、インドネシアのバリ島にあり、25カ国からおよそ400名以上の生徒が通っています。

世界中のメディアに取り上げられ、世界中から毎日のように見学者が訪れ、入学希望者が殺到する話題の学校です。

今回、そんなグリーンスクールに、サンビスカス沖縄代表の宮城がバリ島まで訪問しに行ってきました!

 

なぜグリーンスクールへ?

今、世界は様々な環境変化が起こっているのは、あなたもすでにご承知のはずです。

地球温暖化・海洋汚染・森林破壊・自然災害・ゴミ問題・動植物の減少など、私たちの住んでいる環境が少しずつ壊れているのを、きっとあなたも実感されていることだと思います。

 

この事は、何も環境問題だけに限りません。

終わらない戦争、貧困問題、ジェンダー問題、人口問題、格差社会、他にも多くの「社会問題」が、世界中のありとあらゆる場面で問題視されています。

 

そうした背景を受けて、それぞれの国で、それぞれの地域で「自分達の身をまずは守る」ということが最優先された時代になってきているのですが、いつしかそうした開発の果てに、「自分達の首までを自分で締める」ようになっている事態に陥ってきているのです。

 

このまま、開発を進めていけば、間違いなく社会は今の状態を維持することはできません。そうなると、今の子どもたちや、孫の世代に、とてつもなく悪い環境下で生きていかなくてはなりません。

 

そんな中、世界はSDGsという「持続可能な開発目標」を掲げ、全世界で社会課題に取り組むことを宣言しました。(2015年に国連で採択されました)

 

私達サンビスカス沖縄も、その意見に賛同し、今の自分たちができることで、「何か社会に貢献する事はできないのか?」と、これまで多くの活動を行ってきました。

 

そんな社会に貢献できる教育を、沖縄からも積極的に行うことで、未来がより良くなるのではないか。そのためには、未来を生きる子どもたちにこそ、「サステナビリティ(持続可能)な教育」が必要でないか?

今ある資源や自然を使って、最先端のテクノロジーを融合させ、よりよい未来を築いていく人材育成こそ、今必要なのではないか。

 

そう思っていたところ、バリ島にある「グリーンスクール」で、そのサステナビリティ教育が行われているということを知りました。

 

このグリーンスクールでは、どんなことを学んでいるのだろう。これまで、どんな人材が輩出されてきたのだろう。実際のカリキュラムや、学習環境はどのようなものだろう。

 

そういった教育への疑問が膨らみ・・・

「もうこれは、直接、この目で見てくるしかない!」

そう決心し、今回のグリーンスクール訪問につながったというわけです。

 

グリーンスクールの訪問報告会を開催します!

今回のグリーンスクールでは、非常に多くの刺激をもらいました。予想以上に、素晴らしい学校がそこにはありました。

だからこそ、世界中の国々から多くの子どもたちが入学を希望しているんだと、現地に生き、肌で感じ、実感しました。

 

そんなグリーンスクールで得た情報や、感じたことを、報告会という形で場を設けることにしました。

 

もしも、今回の話に興味があるのなら、ぜひこの報告会にご参加ください。未来を生きる子どもたちと関わっているのなら、きっと、今後の活動も大きく変化することだと思います。

 

ただし、会場の席に限りがありますので、先着30名様とさせていただきますので、予めご了承ください。

 

◯グリーンスクール訪問報告会

日時:2019年11月2日(土)18時〜19時30分

会場:ピーズスクエア4F 会議室B

住所:沖縄県浦添市西原2-4-1(駐車場あり)

定員:30名(先着順となります)

講師:宮城 哲郎(サンビスカス沖縄代表)

参加費:無料

対象:

・お子さんをお持ちの保護者の方
・子どもたちの教育に携わっている方
・子育てにエネルギーをかけている方
・部下の育成やビジネスをされている方
・進路に悩む中学生・高校生・大学生

 

先着順ですので、ぜひお早めに席を確保してください。

それでは、11月2日、お会いできることを楽しみにしています。

※複数人参加の場合は、備考欄に参加される方のお名前をご記入ください。

 

◯グリーンスクール報告会の申し込みはこちら

電話番号(必須)

備考

※複数でご参加の場合は、参加者のお名前を備考欄にご記入ください。
※席に限りがありますので、必ず参加可能な方のお名前をお書きください。