しっぽ取りゲーム【運動あそび1】

from サンビスカス沖縄

今回、ご紹介する運動あそびは「しっぽ取りゲーム」です。私達、サンビスカス沖縄では、多くの子供達に運動指導を行なっていますが、特に幼児期の子供達にとって人気のある種目がこちらです。

鬼ごっこ感覚で楽しみにながら実践できるものでありながら、神経系へのアプローチも行えるので、ぜひ、試してみて欲しいと思います。

 

【ねらい】

しっぽをつける位置によって守り方や動きを変えることができる

 

【得られる効果】

  • 俊敏性が身につき、ぶつかったりする事を回避できるようになる
  • どこから追いかけたら取れるのか?どうやって動いたら守れるのか?など状況によって素早く動作を選択することができる。

【指導手順】

  1. 二人一組のペアを作る
  2. マーカーを2枚とビブスを1枚渡す。(ハンドタオルでもOK)
  3. 一人が先にビブスをズボンの中に入れて動物のしっぽのようにしっぽを作る。
  4. マーカーを3㎝ほど話して置く。(マーカーとマーカーの間は見えない壁があるので通れないと伝える)
  5. マーカーの間越しに向かい合ってしっぽ取りゲームを行う。
  6. しっぽを取られたら負けとなる。
  7. 攻守交代(時間で交代してもOK)

 

【指導ポイント!!】

  1. 鬼が一方向からしか追いかけない事があるため、両方向から追いかけて良い事を伝える。
  2. しっぽをつける位置をお尻の近くにしたり、左右の腰に変えたりする事で守り方が変化するので、その時にあった守り方や動きを考えさせる
  3. 別のグループと近い場合、ぶつかる可能性があるので、ぶつからないよう間隔を開けると。

 

以上となります。

ぜひ、試してみてください。

 

 

 

「楽しい」が運動を始める・続けるきっかけに!

保育園・幼稚園・こども園巡回「運動あそび指導」の詳細は、こちらからご覧ください。今なら無料体験訪問も行なっております。クラブの地域貢献活動の一環として、子供達や園の運動環境に少しでも貢献できるよう頑張ります。

お気軽のお問合せください。

↓ ↓ ↓

◯保育園・幼稚園巡回運動遊び指導

※ただし、スタッフの数に限りがある事と県内全域での活動を行なっている為、日程によっては全ての園への訪問指導ができない可能性がある事を予めご了承ください。