インサイドでのボールコントロールを磨くコツ

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

 

  • インサイドでのドリブルコントロールが上手くいかない
  • 上手い人みたいにインサイドキックで狙ったところにボールが蹴れない
  • トラップが上手くいかない

 

こんな悩みはありませんか?

 

それではこの悩みを解決するために、

インサイド(足の内側の部分)を使ってボールを前に押し出す練習をしてみましょう。

 

なぜインサイドのボールコントロールが上手くいかないのか?

 

インサイドでボールをコントロールできない人は、

ボールを蹴るときも、止めるときも、動かすときも、

足の親指が地面に向かって下に向いることが多いです。

 

 

まず自分の親指がそうなっていないか確認してみてください。

下に向いている人は親指を上に向けてボール蹴ったり、

止めたり、触ったりするだけでボールをコントロールできるようになると思います。

 

 

この練習では、同じ動作を繰り返すことでその感覚を身につけることできます。

 

意識してほしいことは、3つあります。

 

  • 一つ一つの動作で親指が上を向くようにする
  • ボールに優しく触る
  • ボールを前に押し出すときに出来るだけ長い時間ボールに触れる

 

この3つです。

 

上手にボールをコントールできる足の形を覚えることができれば、

相手をかわすことも、自分の狙ったところに蹴ることも、

速いパスをピタッ止めることもできるようになり、

今よりもサッカーをもっと楽しむことができるでしょう。

 

これなら練習前のウォーミングアップにもなるので、

毎日やるのもむずかしくありません。

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!