足が遅くてもドリブルで相手をかわすことができるようになる!「インサイドタッチのコツ」

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

 

他の子に比べると足が遅い。

1対1で勝負を仕掛けても、ボールと自分の間に体を入れられてしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

自分と同じくらいの足の速さでも大活躍している子もいるのに

一所懸命ドリブル練習をしているのに、なぜか同じ失敗をしてしまう。

 

その原因は、相手が自分より足が速いのにスピードで勝負をしていることが原因かもしれません。

 

目次

自分より速い相手をかわすには?

 

では、自分より速い相手をドリブルで交わすことはできないのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

そんなときは相手の力を利用しましょう。

 

どういうことかというと、相手も攻撃をするためにはボールを奪わないといけません。

自分から仕掛けなくても相手から懐に飛び込んでボールを奪いにくる瞬間があります。

 

その瞬間、相手は前方向に体重がかかっているので、

その瞬間に左右にボールを素早く動かし相手と上手く体を入れ替えることができれば、

縦へのスピードがなくても、相手を抜き去ることができます。

 

しかし、それができるようになるためは、何のプレッシャもない状況で、

安定してボールを左右に素早く思い通りにコントロールできなくはなりません。

 

この一見地味な「インサイドタッチ」の感覚をつかむことで、

足が遅く今まで失敗ばかりのドリブルだった人も、

これで1対1に勝てるようになるでしょう。

 

これなら自宅のちょっとしたスペースでも出来るし、

毎日やるのもむずかしくありません。

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる