足裏のコントールを使いこなして相手の逆をとるフェイントを身につけたい子の為の「ドロー・オープン(逆足)のコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

流れのなかでドリブルをしていると、なぜかそのまま相手に追い込まれてしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

追い込まれる前に、その逆をとって次々と交わしている子もいるのに

なんとか相手に取られないようにスペースへボールを動かしているのに

 

結局追い込まれてしまいボールを取られてしまう。

 

実は、追い込まれないようにするためには

追い込まれる状況の前に相手の逆をとる」ことです!

 

相手との距離が近いほどチャンス!?

 

今回の「ドロー・オープン(逆足)」は、

足裏のコントールを使って、相手を振り回すことができます。

 

よくある追い込まれる状況としては、

ドリブルをしているときに相手との距離が近づくと「取られる!」と焦ってしまい、

 

そのまま勢いで相手からボールを遠ざけようと、とにかく空いてところへ足先でボールを転がしてしまうときです。

 

そうなると相手は勢いそのままにボールと身体の間に、自分の体を入れボールを奪っていきます。

 

そういう状況にさせないようにするために、足裏を使ってボールを引くという動きで相手の勢いを受け流します。

 

相手は勢いよくボールに向かって来るので、ここで上手く相手の勢いをかわすことができると

体全体がそのまま流れ、方向を変えたところに体がついてこないでしょう。

 

成功させるためのポイントは?

 

成功させるためのポイントは、ふところを深くすることです。

 

ふところが浅いと相手が伸ばした足がボールに届いてしまい奪われてしまいます。

ボールの動かし方は大きなVの字を描くイメージを持つといいでしょう。

 

また前方にシュートコース、パスコースがあるときにはキックモーションを入れると、

相手がより深く飛び込んでくるのでさらに効果的になります。

 

自由自在にボールを動かせるようになり、

ドリブルで決定的なチャンスをつくりだせる選手を目指して、スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

ぜひ今すぐ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!