時間をつくるドリブル!「トリプルシザースフェイントのコツ」とは?

サンビスカス沖縄/サッカースクール/大城充幹

 

パスをもらっときに周りの味方のサポートがいない状況だと、消極的なプレーになりに、DFにボールを奪われてしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

味方のサポートがない状況でも、積極的なプレーで、味方がサポートに来る時間をつくったり、味方が前に上がる時間をつくったり、チャンスに変えてしまう子もいるのに。

なぜか無理矢理パスをして相手にパスカットされたり、プレーが止まってしまい相手にボールを奪われてしまう。

 

そんなときに使えるフェイントの一つとして、シザースフェイント(ボールをまたぐ動作)を繰り返す方法があります。

 

シザースを繰り返すことで、相手が右に行くのか左に行くのか惑わすことで相手の態勢が崩れ、かわすことができたり

相手が懐に入ってこれない状況をつくり、味方がサポートに来る時間や、味方が上がる時間をつくりチャンスをつくりだすことができます。

 

しかし、フェイントをする状況を間違えてしまうと、プレーの流れを止めてしまい、チャンスを潰してしまうこともあるので気をつけましょう。

 

相手との駆け引きに勝ち、決定的なチャンスをつくりだせる選手を目指して、スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

ぜひ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!