思わずDFの体が流れてしまう!「ファルカンタッチのコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄/大城充幹

 

相手ゴール近くのサイドでパスを多くもらえることが増えたが、そこから1人で突破することができない。

 

そんな悩みはありませんか?

 

サイドから中に切れ込んでシュートまで持っていけている子もいるのに。ボールを奪われないようにキープすることで精一杯になっている。

 

そんなときに使えるフェイントの一つとして、ファルカンフェイントというものがあります。

 

このフェイントを使える場面の一つに、相手ゴール近くのサイドライン側でラインを背にしてボールを持っているときです。相手と向かい合って相手の動きが止まっているときに、この動作をいれると、相手はボールの動きに反応して、ボールが動いている方向に思わず体が動いてしまいます。

その瞬間に相手の体が動いた方向と、逆方向へ行くことで相手をかわすことができます。このフェイントが決まれば相手を置き去りにして中央に切り込むことができるので、流れのままシュートまで持ち込むこともできます。

 

相手との駆け引きに勝ち、決定的なチャンスをつくりだせる選手を目指して、スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

ぜひ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!

 

 

 

 

あなたも、サンビスカスのサッカースクールに遊びにきてみませんか?

 

幼少期に必要な動きを、大好きなサッカーで身につけませんか?

神経系の発達は、12歳で100%完成すると言われており、「この時期にどれだけたくさんの動きを経験したのか?」が、今後の学習や運動に大きく影響してきます。

当サッカースクールでは、幼少期に伸び盛りの神経系をしっかりと刺激した運動を提供することで、最低限自分の身を守ることはもちろん、学習や運動ののみこみが早くなる効果が期待できます。