雨は雨でも、連日続く雨は何と言うでしょうか?

サンビスカス沖縄/サッカースクール/運動あそび/障がい者スポーツ指導員/運動の家庭教師/ベビーシッター

谷本 優希

 

3月末から4月にかけて、あっちでもこっちでもカタツムリを見かけました。

くる日も来る日も雨雨雨雨。

 

それも、もの凄く中途半端な霧雨で「降ってる・・・よね・・?降ってるよね・・?」という程度にしか降らないもんだから、毎日公園にこどもたちを連れて行く身としては、天気予報ばかりが気になる気の休まらない日々でした。

 

そんな中、姪っ子ちゃんを車に乗せて「今日も雨かぁ。モー、雨ばっかりだよねまったく・・・」と呟いたことがあったのですが、そんな私に姪っ子が返したひとことは「「ほんと、あめめめめめめだね。」でした。

 

あめめめめめめ?

うん。あめめめめめめだよ。

あめが続いてるから?

そう。雨が2回続いたらあめめ。

雨が3回続いたらあめめめ。

今日はもう、あめめめめめめだよ。

なんじゃそりゃヾ(゚ε゚*)

 

と思うと同時に、なんだかフと力が抜けて、詰まりに詰まっていた何かが、スッと取れたような気がしました。

 

さっきまで憎らしかったはずの霧雨。

あめめめめめめ……か。と可愛らしさに包まれた途端に、それならもうちょっと「め」が増え続けるのも面白いかもな、と気持ちだけは晴れ間が見えた気がしたのでした。

 

目の前で同じことが起きている時でも、捉え方次第で気持ちって大きく変わるんだなと、当たり前だけど、なんだか改めて考えてみるきっかけになりました(*´-`)

 

自分の思い通りにいかないことってたくさんあります。

自分の伝えたかった事がうまく伝わりきらないことだってあるし、「ぇそうじゃないのに」というようなことで人にキレられちゃう時だってある。

 

なんでそんな言い方するの?って思うようなことだってしょっちゅうあるし、サラッと人から傷つくことを言われるとことだってあるし・・

 

だけどそんなの、いちいち真に受けていたら、しんどいです。

いちいち「くっそー!!」と腹を立ててたって、どうしようもない。

「まっ、いいか。」って、一旦ポイっとして楽観的に捉えてみるのも、大事なスキルだと思います。

 

私がいつも遊んでいる子どもの中には、事あるごとに、「違うってば!」なんで分からないの!」「もういいよ!!」と、何でもネガティブに捉えてしまって、怒り散らす子がいました。

 

ほんのちょびっとでも自分の思い通りにいかないことがあれば、すぐに「もういいよ!!」といじけてしまう。

「もういい!」って怒らないで、「まっ、いいか」って、許せることも大事だよ。と話をしたことがありました。

 

でも、それって案外むずかしいことで、そう簡単には受け流し切れないことの方が多いみたいで。

「まっ、いいか」の言葉につづけて、「だったら・・・」という言葉も入れてみようか、と話をしたら、これがクリティカルヒット⭐︎

 

まぁいいか、だけで終わってしまったら、それは諦めることを意味していることになりますが

でもそこに、「だったら・・・」を続けることで、代わりの方法を探ることになり、前に進もうとすることができるのではないかなと思うんです。そうすれば、ただの諦めではなくなります。

 

その子がほんとうは鬼ごっこをしたかったときに、一緒に遊んでいるお兄ちゃんが「僕は大縄跳びがしたい!」と言った。

いつもなら、「なんでよ!もういいよ!!」といじけていたはずのその子は、「ぇ~~~。ま、いっか。だったらさ~、大縄跳びの後に鬼ごっこしよ?」と、いじけずに前を向くことができたのでした(˃̵ᴗ˂̵)‼︎

 

捉え方一つで、気持ちは大きく変わる。

ちょっと嫌なことがあったって、思い通りにいかない何かがあったって、とりあえずまずは「まぁ、いいか。」そしてそれから、「だったらどうしようかしら。」って、考えられるような、そんな声かけを大事にしたいと思います。

 

もうこんなにあめめめめめな日が続いたのだから、しばらくはずっとハレレレレレ・・・にな~~れれれれれ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる