どうする?どうする??

サンビスカス沖縄/サッカースクール/運動あそび/障がい者スポーツ指導員

谷本 優希

 

子どもたちと遊んでいると、ハプニングって付き物ですよね(゚∀゚)

 

「あーーーー。そうなるよね~。やると思ったよ~(*_*)」

という想定内のハプニングと。

 

「ぇえーーーーΣ(゚д゚*)なんでーー?!そんなことあるー??」

という想定外のハプニングと。

 

そして先日は公園あそびの中で、、、

「ぉおーー(°_°) まさかや~(°_°)」

と感心と驚きの混ざったハプニングがありました。

 

 

そう。島ぞうりが、木にひっかかったのです。

 

はい?なんで???

ですよね。

 

逆上がりしてたらね、木に、引っかかったんですよ。島ぞうりが。。。笑

 

私が公園あそびの中で運動指導をしている子で、数ヶ月ずーーーーっと逆上がりを頑張っていた女の子がいて。

ここ最近ついに!!できるようになったのです!!

 

だからもう、嬉しくて嬉しくて、何度も何度も、くるりんくるりん。。。

 

そしたらあるとき、勢い余って木の上まで。

ピューーーンと飛んじゃったんですよね~( ˙-˙ )

 

 

逆上がりって、コツとか、ポイントとか、いろいろあるんですけれど、その子はずっと「脚を強く蹴り上げる!」ということを、頑張って意識していた子だったんですね。

 

それで、グンっ!!と地面を蹴って、脚をトリャーーー!と持ち上げたところ、履いていた草履が華麗なる弧を描いて、天高く飛んでいった。

 

あ~れ~Σ(゚д゚*)という間抜けな声と共に、草履の行方を目で追いかける。

大きめの葉が重なりあっている元気な木に。ふわっと乗ったまま、落ちてこなくなっちゃった。。。

 

 

はて、どうしたものか。

困った困った。。。

 

 

すると、その子のお兄ちゃんが「僕に任せて!」と自信満々!

 

手には柔らかく軽いふにゃふにゃボールを持ち、「僕に良い作戦があるよ♪ このボールを当てて落とす!」と顔をホクホクさせている。

 

「そりゃ良いね!よーし!任せた!」

「いっくぞ~~!」

 

ポーーーイヾ(゚ε゚*)ノ

 

………

 

しばし、皆でボールを見守る。

 

    … …

 

ぁ…ぁぁぁぁぁ…

 

 

どっちも落ちてくるはずなのに、どっちも落ちてこなかった。

やっちまった。やっちまった。

 

 

どうするか…どうしようか?

 

すると今度は、草履の持ち主、妹ちゃんが、「なわとびは??縄跳びを当てよう!」って。

「あ!いいね!それいいね!」って。

 

 

今度こそ落ちてこなくならないように、持ち手の片方はしっかりと握りしめ、ブンブンと縄を振り回す。

カサっ…カサっ…とかすかに葉が揺れる音。一向に落ちる気配はない。

 

 

困った困った。。。

どうしたものか。

 

 

静かに引っかかっている草履とボール。

みんなで顔を見合わせる。

 

木登りできる高さではないし、肩車でも届かなさそうだ。

 

「お兄ちゃんの靴を投げて当てる?」

「いや、軽いからまた引っかかるよ」

「なにか重いものないかな?」

「重いもの投げるのは危ないんじゃない?」

「ぁ!!!」

「なに??」

「サッカーボールは?車にサッカーボールあるでしょ??」

「そっか!いいね!取ってこよう⭐︎

 

困った困ったと言いながらも、心はウキウキ♪ こんな時間が私は大好き。

 

子どもたちが「どうするどうする??」って、ワイワイと話し合ってるのを、一緒になって楽しんでいる(*´-`)

すぐそこに、庭師みたいなおじさんが、脚立に乗っているのにね。笑

 

たぶん子どもたち気付いているけど、「取ってくださーい」って言えば取ってもらえるだろうな。って、頭の片隅に浮かんでいるんだろうけど。

 

自分たちで、解決してみたかったんだよね(*´艸`)

 

「こうやってみよう!」「うわっ、失敗だ!」「次の作戦は…」

 

ミッションを目の前に、全身からわくわくを放つ子どもたち。

子どもたちと遊んでいると、ハプニングって付き物ですよね。

 

「どうするどうする??」って、私の口癖かも。

だってそうすれば、楽しい時間が生まれそうだから⭐︎

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる