出張型障がい児向けスポーツ教室 in ゆめさきクラブ!

みなさんこんにちは!サンビスカス沖縄のサトルです!

去った10月26日(土)に児童デイサービスゆめさきクラブさんに出張スポーツ指導をしてきました。

 

サンビスカスではご希望のあった園や施設に、出張で運動あそびの普及活動を行っております。

今回、依頼があったのは放課後等児童デイサービスのゆめさきクラブさん!

小学生から高校生まで約10名の子ども達が参加して頂き、約1時間ではありますが一緒に汗を流しました。

 

運動遊びを始めると変化が!

運動を始めた最初の頃は、

  • サッカーが出来ないなら帰る
  • 着替えずに制服で来た

とあまり運動に前向きな姿勢ではない子もいました。

 

年齢も体のサイズもバラバラだったのでサッカーをするには少し危ないと思い、まずはボールを高く投げてキャッチしたり、ボールに乗ってバランスを取ったり、ドリブルなどでウォーミングアップを始めます。

 

 

ドリブルをしながら相手のボールに当てるゲームでは

  • 3回も当てることができた!
  • 1度も当てられずに逃げることができた!

と子供達の方から声を掛けてくれるようになりました!

徐々にボールを蹴る楽しみや体を動かすことで笑顔が増えてきました!

 

 

 

最後に出来るだけ思いっきりキックをする時間を設けると、これが子供達に大反響でした!

 

なぜ、ただ思いっきり蹴ることが大反響だったのか?

ただボールを思いっきり蹴るだけの行為がなぜこんなに楽しむのか少し考えてみると。。

  • 日常的に力いっぱいボールを蹴ることがない
  • 本人達が抱えているストレスを発散できた
  • 自分のキックがこんなに飛ぶんだ!という大きな会場できる解放感

 

きっとこんな感情を抱いて楽しんでくれたんじゃないのかなと思います!

 

先生方からも

  • すごくイキイキした顔が見られました!
  • いつもと違う表情で真剣に取り組んでいました!
  • バランス能力が高いなど子ども達の新しい発見がありました!
  • 普段なかなか集中して話を聞くことができないのに、今回は良く聞けていた!

と嬉しいお声を頂きました!

 

私が1番嬉しかったことがあり、制服で来た高校生の男の子が最初はあまりノリ気ではなかったのですが。(制服で参加しているくらいですから。苦笑)

ですが!最後には肌着の色が分かるほど汗でビショビショ!笑

たくさんかいた汗が何より楽しんだ証拠だと勝手に嬉しく思いました!

 

 

 

私たちが、このような活動をなぜ『無料』でするのかというと、クラブが力を入れているSDGsの中にある「すべての人に健康と福祉を」という目標に、誰もがスポーツを出来る環境を提供するのがサンビスカス沖縄の使命の1つであるとスタッフひとりひとりが考えています。

 

・PTAのレクをどうしたらいいか迷っている。

  • 仕事が忙しくて当日の参加が難しい。
  • スポーツをさせたいけど場所や環境がない。

 

そんなお悩みを抱えていらっしゃいましたら、是非サンビスカス沖縄までご連絡ください。

私たちが忙しいみなさんに代わりにワクワクお届けいたします!!

 

PTA行事やイベントのご依頼はこちら!

保育園・幼稚園・PTA行事サポート