柔らか〜いボールタッチができるようになる!?超簡単な基礎練を公開!

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

 

ドリブルをしているとボールを強く弾いてしまって遠くに転がったり、

弱く触りすぎて足元にかかってスピードが止まってしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

思いのままにボールを操り柔らかいボールタッチで相手を次々とかわしている人もいるのに。

 

なんだかボールタッチが硬くなり、スムーズにいかない。

 

それは一体なぜでしょうか。

 

 

足裏の感覚が重要!

 

 

そんなときは、足の裏を使った簡単な方法で、

ボールと足を思いのままに動かす感覚を身に付けましょう。

 

ボールタッチを柔らかくするには、足裏での感覚を覚える必要があります。

 

ボールを触れば触るほど、その感覚が身につくのと同じで、

足裏の様々な刺激により、ボールを思い通りにコントロールする能力が

自然と身についてくるのです。

 

 

ボールタッチを柔らかくするための基礎練習

 

 

まずは、足の裏を使ってボールを体の前を横切るように転がします。

 

前を通りすぎ体から離れたところを足の裏で止めます。

 

そして、また反対方向に同じように転がし、

自分の前を通りすぎ体から離れたところを足の裏で止めます。

 

これを繰り返します。

 

 

  • ボールを転がすときの力の加え方、
  • 体の前でボールを転がすための足全体の動かし方、
  • なるべく体から遠いところでボールを止めるためのタイミングなど、

 

スムーズにボールを動かすための感覚が身につきます。

 

 

ただ触るだけより、早くボールタッチのスキルが身につく!

 

 

この感覚が身につくと、いろいろなボールコントロールの練習でも

他の誰よれも早くコツをつかむことができるようになり、

さらにボールタッチの柔らかいサッカー選手になれるでしょう。

 

柔らかいボールタッチを手に入れることができると、

今よりも多くの相手をかわすことができ、

試合でも多くのチャンスをつくることができます!

 

 

これなら自宅のちょっとしたスペースでも出来るし、

毎日やるのもむずかしくありません。

 

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

それでは、今回も動画を見ながら、練習してみてください!