とっさに足が反応して相手をかわすことができるドリブル

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

 

ドリブルのとき、思い通りにボールタッチができないと、すぐに相手にボールを取られてしまう。

 

こんな悩みはありませんか?

 

 

この悩みを解決するためには、ボールを足の裏で引いて、

逆の足のインステップ(足の甲の部分)を使ってボールを前に押し出し、

押し出したボールをまた逆足の足裏で止めるということを繰り返す練習をしてみましょう。

 

この練習で意識してほしいことは、2つあります。

 

  • リズムよくステップを踏む
  • しっかりと足の甲でボールの中心を捉えること(インステップキックのミート練習にもなります。)

 

この2つです。

 

そうすることで、ボールタッチを足が届く範囲にコントロールする正確さと、

ボールタッチが上手くいかなくて体から離れたときでも、すぐに足が反応してボールにさわる反応速度が速くなります。

 

 

この感覚を身につけると、ボールタッチをミスして相手に取られそうになっても、

相手よりもさらに速く足が反応してとっさに方向をかえて、相手の意表をついてかわすことができようになります。

 

 

サッカーの試合では場所によってグランドがでこぼこしているなど、ボールタッチをすべて思い通りにコントロールすることは難しいです。

 

ミスがミスとならないように、ミスにみせないようになると、どんな場所でも活躍できる選手になれるでしょう。

 

これなら練習前のウォーミングアップにもなるので、毎日やるのもむずかしくありません。

 

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!