相手を簡単にかわす!「引いて同足インステップのコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

大城充幹

 

  • ドリブルが上手くいかない。
  • 上手い人みたいにボールが足に吸い付かない。
  • ボールばかりみてしまってコントロールできない。

 

こんな悩みはありませんか?

 

この悩みを解決するためには、これからいくつか紹介する

ボールタッチの練習を毎日10分やるだけでドリブルがみるみる上手くなります。

 

 

その練習方法とは、ボールを足の裏で引いて、

いろいろな部分を使って前に押し出す方法です。

 

 

今回は、インステップ(足の甲の部分)を使ってボールを前に押し出す方法を紹介します。

 

この練習で意識してほしいことは、2つあります。

 

  • ボールに優しく触ること
  • ボールを前に押し出すときに出来るだけ長い時間ボールに触れること

 

この2つです。

 

そうすることで、ボールが動いている間も、

ボールが足の裏か前に押し出す部分にずっと触れることになります。

 

それが足にボールがくっついているという感覚になるので、

それをそのまま意識してドリブルすることで、

いつもより「足がボールに吸い付いている」という感覚にもなります。

 

 

この感覚を覚えることができれば、

すいすいと相手をかわすこともできるようになり、

仲間からも相手からも「ボールが足に吸い付いているみたい」と

言われるようにもなるでしょう。

 

これなら練習前のウォーミングアップにもなるので、

毎日やるのもむずかしくありません。

 

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!