「秘密」のコーチング

from 宮城哲郎

 

 

6歳以下の子供達のプレーを見ていると、

共通して起こる出来事がある。

 

それは…

「シュートの場面で自分の利き足とは【逆側】にボールがある場合に、自分の利き足でシュートを打とうとして失敗する」

というキッズのあるあるだ。

 

要するに、右利きの子が、左側にボールがあるのにも関わらず、

右足でボールを蹴ろうとして失敗するというヤツだ。

※ 大人でもあるかな?笑

 

単に、シュートが外れるならまだしも。

 

まだまだ小さい子供場合、無理な体勢シュートになるので、

転倒する事もしばしば…

 

まぁ、こうした経験をしながら、

少しずつ自分の「苦手な足での挑戦」が始まるのだが。

 

今回は、特別に僕がよく指導現場で使っている方法で。

 

子供達が苦手な足でも積極的にボールを、

「蹴ってくれる」コツを紹介したい。

 

 

「秘密を教えるね?」

 

さて、その方法はこうだ!

 

「いい?実は、ボールが右側にある時は右足で、左側にある時は左足で蹴った方が、すぐにボールが蹴れるから良いよ?」

※子供と同じ目線までしゃがみ、足にタッチしながらやると更に良い。

 

と、こうやって教えてあげるだけなんだけど、

このままだと「いやいや普通でしょ?」と言われそうなので。

 

ここで1つだけポイントを伝えたい、

それは…上記のアドバイスをする前に、その子に対して…

 

「ねぇ、実は秘密の方法なんだけど・・・」と、

前フリを入れるだけで、だいぶ意識して取り組んでくれる。

 

加えて、アドバイス後に…

「これ、お母さんにだけ特別に教えてあげな?」

 

そう伝えると、得意気に周りにも伝えてくれるので、

子供自身の中でもコミットメントされて、両方の足を積極的に使うようになる。

 

みんな「秘密」は好きだからね。

 

そして、こうした何気ないアドバイスに対して、

少しだけ心理的な刺激を加味する事で、子供はみるみる上達する。

 

 

最近では、「優れた戦術、優れたメニューで子供を育成する」

ということが騒がれているが。

 

 

それはあくまでも小手先の部分であり、本質的な物では無い。

 

 

意外にもサッカーを知れば知るほど、忘れがちな「声かけ」

 

 

もしも、同じ様な場面に遭遇したのであれば、

ぜひ試してみて欲しいと思う…

 

 

それでは。

 

サッカースクール