ここを使える人は上手い!足の裏を使っての方向転換で相手を交わすフェイントを身につけたい子の為の「ドロー・オープン(同足)のコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

「相手がボールを奪おうと足を出して取りにきたら簡単に取られてしまう。」

そんな悩みはありませんか?

 

取られそうで取られない、
上手く交わしている子もいるのに。

 

なんとか交わそうとボールを動かしても
相手の足を出してくるタイミングと合わず、
結局取られてしまう。

 

実は、こういう場面で相手を上手に抜き去るポイントは、
「足裏を上手に使う」ことです!

 

今回の「ドロー・オープン(同足)」は、
足裏を使って間合いをコントロールし相手の逆をつくことができます。

 

使える場面としては、相手が勢いよくボールを奪いにくる瞬間です。

 

相手は距離が近くなった瞬間、
ボールを奪えるチャンスだと思って足を出し取りにきます。

 

その瞬間、足裏で相手の足が届かないところまで、
体を開きながらボール後ろに引きます。

 

そしてそのまま体が開いているところに、
インサイドでボールを押し出します。

 

相手は足を出して取りに来ているので、
体全体が前に流れています。

 

そのため方向を変えたところに体がついていけません。

 

成功させるためにポイントは、
ふところを深くすることです。

 

ふところが浅いと、
相手の足がボールに届いてしまい奪われてしまいます。

 

ボールの動かし方は、
大きなVの字を描くイメージを持つといいでしょう。

 

またゴール前でのシュートや前線にボールを蹴るときに、
相手は足を出して止めにくるというイメージを持って、
キックモーションを入れるとさらに効果的になります。

 

自由自在にボールを動かせるようになり、
ドリブルで決定的なチャンスをつくりだせる選手を目指して、
スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!

 

ぜひ今すぐ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!

 


サンビスカス沖縄のサッカー教室に遊びに来てみませんか?

サンビスカス沖縄サッカースクールでは、
子供達のそれぞれにペースに合わせたカリキュラムを準備しています。

サンビスカス沖縄サッカースクールはこちらから!

↓ ↓

サッカースクール