相手を誘うフェイント!「ステップオーバーのコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄/大城充幹

 

相手コートサイドでの1対1の場面で、相手と駆け引きできるフェイントをもっと増やしたい。

 

そんな悩みはありませんか?

 

相手コートサイドで1対1になると、必ず相手をかわしてチャンスを作り出している子もいるのに。

フェイントを効果的に使えずに、簡単に相手に奪われてしまう。

 

そんなときは、相手DFがどうやってボールを奪おうとしているのか考え、それを利用することで、1対1の勝率は高くなります。

 

まず、相手コートの高い位置のサイド付近でDFと1対1の場面をイメージしてみます。そのとき相手DFはサイドから中央へドリブルで行かせないように、サイドラインへ追い込んで奪おうと考えていることが多いです。

 

縦方向へボールが流れるのを誘い、体とボールが離れた瞬間にその間に体を入れてボールを奪おうとしています。

 

それを利用したフェイントの一つがステップオーバーです。

 

サイドラインを背にしたときのステップオーバーの、インサイド(足の内側)でボールを動かそうとする動作が、相手の体を縦方向へ動かす動作となり、一瞬、内側のコースにドリブルができるラインができます。

そこにタイミングよく入り込むことができると内側にカットインをしてシュートまで持ち込むことができたり、決定的なパスで大きなチャンスにつなげることができます。

 

スムーズに出来るようになるまで頑張って練習し、試合でも失敗を恐れずに積極的にチャレンジしてください!

 

ぜひ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!

幼少期に必要な動きを、大好きなサッカーで身につけませんか?

神経系の発達は、12歳で100%完成すると言われており、「この時期にどれだけたくさんの動きを経験したのか?」が、今後の学習や運動に大きく影響してきます。

当サッカースクールでは、幼少期に伸び盛りの神経系をしっかりと刺激した運動を提供することで、最低限自分の身を守ることはもちろん、学習や運動ののみこみが早くなる効果が期待できます。