たくさん練習しているのに上手くいかない!相手に奪われないように方向転換したい子の為の「インサイドターンのコツ」とは?

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

大城充幹

 

試合でドリブルをしているとき、相手がボールを奪いにきているのを急な方向転換でかわそうとしても簡単に奪われてしまう。

次はかわせるようになりたいと一人で練習しても、なぜかまた奪われてしまう。そんな悩みありませんか?

周りの子は、相手がボールを奪いにきても一瞬でかわしたりしているのに。なぜかボールが相手の足に当たったり、大きく転がっていったり、結局ボールをすぐに奪われてしまう。

ボールを奪われないようになるための最大のコツは「ボールを置く場所」にある

実は、方向転換のときにボールを奪われないようになるための最大のコツは、「ボールを置く場所」にあります。

そのボールを置く場所が間違っていては、どんなに一人で練習を重ねても、ボールを奪われないコントロールが身につくことはありません。

なので、このボールを置く場所を意識し、それをひたすら練習することで、ドリブル中にボールを奪われることなく、しっかりボールキープができるようになります。

ぜひ今すぐ、下記の動画をご覧になり、実践してみてください!

 

 

サンビスカス沖縄サッカースクールでは、
子供達のそれぞれにペースに合わせたカリキュラムを準備しています。

サンビスカス沖縄サッカースクールはこちらから!

↓ ↓

サッカースクール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA