思い通りのボールコントロールを目指そう!「ボールタッチインサイド転がしのコツ」

沖縄/サッカースクール/サンビスカス沖縄

 

大城充幹

 

 

他の子に比べるとドリブルやフェイントの上達が遅い。

体からボールが離れてしまったり、動かしたい方向と違う方向に転がってしまう。

 

そんな悩みはありませんか?

 

そんなときは、まずは足でボールを触ることにもっと慣れるようにしましょう。

 

ボールを足で触ることを増やすことで

上達のスピードがはやくなりやすいんですね。

 

それでは、インサイドの部分を使ってボールをなめるように左右の足を使って転がしてみましょう。

スムーズにボールを転がすための力加減がサッカーをはじめたばかりの子は難しいかもしれません。

 

上手にできるためのコツ

 

姿勢を真っ直ぐに

腰を曲げたり頭を下げたりせずに姿勢を真っ直ぐにし、あごを引くように意識しましょう。

 

ボールに体重をかけすぎない

ボールに触るときに体重をかけすぎてしまうと上手くコントロールできません。ボールに対して軽く柔らかく触るように意識しましょう。

 

リズミカルなステップを踏みながら

棒立ちのまま足だけでするのではなく、全身を動かしながらリズミカルにステップしながらボールを転がしましょう。

 

最初にボールタッチをたくさん練習しておくと、ドリブルやフェイントの上達がよりはやくなるといったことにもつながります。

 

また、ボールタッチを反復練習して自由自在にボールを扱えるようになると、それだけで試合で多くのチャンスをつくることができ大活躍することでしょう!

 

これなら自宅のちょっとしたスペースでも出来るし、毎日やるのもむずかしくありません。スムーズに出来るようになるまで頑張って練習しましょう!