もしも突然、病院が消えちゃったら?

From:さんびー

 

こんにちは!さんびーだよ!

そういえばみんなは「七五三」って知ってるかな?

きっと写真をとった人もたくさんいるだろうね!

 

でも、なぜ「七五三」っていう行事ができたのか、知っている人はいるかな?

 

実はぼくらが住んでいる日本の医療がはってんする前には、「七歳までは神の子」と言われるほど、こどもが死んじゃう確率が高かったんだ。

七歳まで生きたら、あとは体力もつくし、病気に勝てるカラダになるけれど、そこまで生きることがむずかしかった。だから「七五三」っていうお祝い事をするようになったんだって。

 

もちろん、いまの日本は病院もたくさんあるし、お医者さんもたくさんいるから、ちょっと危険な状態になっても、助かるかのうせいがずいぶん高くなってきたんだ。

 

でもね、世界にはまだ、近くに病院がない子もたくさんいるんだ。

 

ちょっと考えてみて?

もし、君の大好きな人が突然たおれてしまって、いそいで病院にいこうとした時に、ぜんぶの病院が閉まっていたらどうする??

考えるのもこわいよね。

 

でも、実際に発展途上国(はってんとじょうこく)と言われているところは、げんじつにそんな状況がおこっているんだ。

昔の日本のように、7歳まで生きられたら神の子と言われるような国がたくさんある。

 

ドローンが子どもたちを助ける?

 

実はね、そんなもんだいを知ったアメリカの会社(ジップライン)があるんだけど、その会社はね、ドローンを使って、アフリカの医療を手助けしているんだ!

 

具体的には、輸血(ゆけつ)に必要な血をドローンで運んだり、薬をドローンで運んだりして、離れていてもちゃんとした薬を届ける活動をしているんだ。

あと、貧しい国のひとたちが亡くなる原因は、今の医療で治るものがほとんどなんだって。

ぼくたち日本では予防接種(よぼうせっしゅ)を受けたり、他のワクチンを接種したりできるけど、医療の整っていない国ではそれがむずかしい。

だから今、このドローンを使って、ワクチンを運んだりもしているんだって!

Zipline

ZiplineジップラインHPより

とても素晴らしい活動だよね。困っている人をたすける会社が増えれば増えるほど、助かる人が増えるんだもんね。

 

健康でいるためには、本当にいろんなひとの支えが必要なんだ。僕たちが当たり前に病院にかよえること。本当に感謝しなくちゃいけないね。

 

だからこそ、みんなも、「もし自分の近くで同じことが起こったら?」っていうことを考えてほしいんだ。

そうすれば、きっとまたアメリカの会社みたいに、素晴らしいアイディアが生まれて、なにか手助けができるかもしれないからね?

 

今日お話ししたないようは、SDGsのゴール3、「すべての人に健康と福祉を」にかかわることをお話ししたよ。

 

 

それじゃあ今日のおはなしはここまで! またね!