子どもとの会話をもっと楽しみたい☆

サンビスカス沖縄/サッカースクール/運動あそび/障害者スポーツ指導員

谷本 優希

 

スクールに来ると

お家のこと、学校のこと、お友達のこと

いろんな話をしてくれる子どもたち♪

 

でも、ただなんとなくで話を聞いていると

「へ~そうなんだ」・・・・

「ふ~ん」・・・・・

「楽しかったんだね!」

(会話終了)チーン

 

となってしまうことがしばしば( ;∀;)

 

もちろん会話を広げようと

いくつか質問をしたりはするものの…

その場に一緒にいたわけではない分

どうしても単調な相槌に。。。

 

頭の中で映像化しながら話を聞く

 

ある日子どもが

「今日〇〇くんがめっちゃ面白かった」

と教えてくれました。

 

「なになに?なにがあったの?」

と聞くと、子どもはその面白かった

「瞬間」の話をします。

 

とにかく「面白かったんだよ」

ということが伝えたいがあまりに

その出来事の「前後の流れ」や

「どんな風に」という部分が

抜け落ちているのです。

 

そこでわたしは

話をしてくれているそのときの場面を

めいいっぱいの想像力で映像化しながら

聞くようにしてみました!

 

映像化(イメージ)するのに足りない情報は何か?

 

子どもの話を映像化(イメージ)

しようとしたとき

まず、「なぜそうなった??」と疑問が。

 

どんな話をしているときに

どんな流れでその面白いことが

起こったのか?

そこがとっても気になる・・・( ̄▽ ̄)

と思った私は

 

「なぜそうなった??」と聞きました。笑

 

すると一生懸命に

あーで、こーで、それでね、

と説明してくれます。

「うんうん、それでそれで??」

と聞くと、話は進んでいき、

面白かった「瞬間」の部分に!

 

「〇〇くんが、〜って言ってさ、

めっちゃ面白かった!」と。

ふむふむだいたい流れはわかったぞ。

 

「〇〇くんは、どんな風に言ったの??」

「マネしてみて!」と。

 

するとどんどんと話の場面は

リアルな映像と化してきます(゚∀゚)

 

映像化しながら話を聞くことで

まるでそこに一緒に居たかのように

話を楽しむことができたとき

 

渾身の「それは面白かったね!」の

共感をすることができました!

 

子どもの話が「ただの報告」にならないように

 

「今日学校どうだった??」

そんな風に子どもに聞いておきながら

 

「そうなんだ」

という返しばかりをしていた

いままでの自分に反省です。

 

それではただの

「報告」じゃないかと

気づいたのです。

 

ただ報告するだけでは

子どもが大きくなるにつれて

 

「今日は普通だった」

「別に」

 

みたいな報告に

なってしまうかもしれません(゚o゚;;

 

映像化が会話をリアルにする

 

子どもとコミュニケーションを楽しむために

しっかり「会話」をする。

 

子どもが話しているその場面を

イメージしながら

リアルなリアクションを取ることで

グッと距離の縮まった会話が

できることを知りました。

 

これからも

子どもたちの色とりどりな話を

楽しみたいと思います(^^)

 

 

なぜ消極的で運動が苦手な子がたったの1年で園のリーダーになり運動会のアンカーに選ばれたのか?

詳細は、こちらからご覧ください。

↓ ↓ ↓

◯サンビスカス沖縄サッカースクール